タクシードライバーの真実!②「労働時間編」 驚きの事実が!?

タクシードライバーの労働時間について

こんにちは!採用担当の小林です!

前回は「収入編」でしたが、今回は「労働時間編」です!

タクシーの労働時間の一般的なイメージは、

長時間勤務でひたすらにしんどい、、、

ではないでしょうか?

結論から言うと全産業の労働平均時間が月180時間のところ

タクシーは月195時間と長いです。ただそんなに大きな差はないですね

ではなぜタクシーは長時間勤務のイメージがあるのか?

その一つは夜に働くシフトもあるため、一般の人からみると大変だなぁと思われる点、

もう一つはタクシーは歩合給のため、単純に勤務時間が長くなれば収入が上がる

そのため実際に長く働く方が多いためです。

念のためお伝えしておくとタクシーは国土交通省の認可事業、

労働時間は法律によって厳密に定められていて、

昼勤や夜勤は月299時間以内、隔日勤務は月262時間以内となっているので、

健全な環境で働くことは保障されています。

しかし収入を上げるために、実際に月299時間のギリギリまで働く方も多く、

そうなると正直に労働時間は決して短くはないですね。。。

しか~しっっ × 3 !!!

私がお伝えしたいのは、私もそうでしたが多くの運転手さんは

その長い労働時間に対するストレスを思ったより感じていないことです!

そう!

どんな状況で働いているかをお伝えしないといけないのです!

タクシードライバーが労働時間の割に、ストレスが少ない理由

まずお伝えしたいのは、定時で働くのも、残業するのも基本的に本人の自由であること

運転手さんの中でも、自分の目標とする収入にはかなり差があります。

タクシーはその目標に合わせて、自分の意志で働き方を加減できるのです。

稼ぎたい人はとことん!それなりで良い人はそれなりに!

 

ちなみに前者のとことんですが、現在の世の中で

頑張れば、頑張っただけ収入が増える仕事って正直ほとんどないです。

その点、タクシーは、頑張った分だけ結果がストレートに受けられるという

非常に分かり易く、やりがいのある、珍しい仕事でもあるのです。

尚、年金を受給している方は、年金と合わせた金額を考慮して働くこともできます。

この様にタクシーにはサービス残業という概念はなく、全て働いた分は自分に返ってきます。

サービス残業が多い業界で働いていた方の転職が多いのもこういった点があります。

 

さらにっ!

タクシーは24時間の中で、働く時間を自分で選択できるため、

それぞれのライフスタイルに合わせて働くことができるのです!

この点は未来都の自慢ですが、未来都は業界の中でもたぶん一番、絶対に一番w

シフトは柔軟も柔軟、ほとんど自分の都合通りに働けます!

会社によってはガチガチにシフトが決められているということもありますので、

その差は大きいと思います。

 

多くのタクシー会社は、「隔日勤務」のシフトしかないところ、

未来都には「日勤」「夜勤」「隔日勤務」の全てのシフトがあります。

更に公休日も、日々の出退勤の時間も、相談してもらえれば、かなり柔軟に調整しています。

「今月はここを連休にして韓国に旅行に行ってきます!」

「今日は家族と食事に行くので早く出て早く帰ります!」

「今日は金曜で稼ぎ時だからたくさん働きます!」

な~んて感じの調整もOKです!

「健全に稼ぎ、健全に休む」そんな環境を未来都は大切にしています!

 

この点に関しては未来都は特別かもですが、お伝えしたいのは

要はタクシーの仕事はやらされてないという点が大きい!

自分で決めて仕事をする。オンオフのメリハリは完璧!

急な残業もなし、自分のスケジュール通りに余暇を過ごせます!

この様に会社員であっても、雰囲気は一人社長、個人事業主的な働き方のため、

労働時間に対する意識も変わってくるのです。

 

そして、働いている時間も運転や接客は時間を忘れさせてくれます。

基本的には運転は趣味にもなる楽しいことですし、

タクシーは接客と言っても、営業的な要素はなく、お客様に快適に楽しい時間を

過ごしてもらうためのものだから、自分も楽しむことが大切

毎日違うお客様とのふれ合い、景色、天気の変化など、刺激があり飽きないため、

ほとんどの運転手が「時間があっという間に過ぎていく」という印象を持ちます。

実際にオフィス勤めしていた時に比べると、時間的なストレスは

比べ物にならないという方も多いです。

 

ということで、、、「労働時間編」長くなってしまいましたが、

時間の感じ方というは、その心理的な状態によって全然違うということですね!

「もっと早くタクシーやっときゃ良かった」と言われる理由、

また少しご理解いただけたのではないでしょうか?

ほなな~