ぶっちゃけて、タクシー運転手を一時、辞めようと思ってました。。。

タクシーは365日24時間「皆が困ったときに活躍する」のは理解できますが、、、

安全対策本部のおじさんですが若手です。

安全対策本部に異動になるまでは、ごく普通のの乗務員でした。

毎日、自分のペースで自由に、上司とのしがらみやストレスに縛られることなく

無線配車やUberの恩恵を受けながらのほほんと、そこそこの収入を続けて、毎日を過ごしておりました。

そんな平穏な日々だったのですが、そこに突如、台風19号の襲来!

走っていても木の枝は飛んでくる、大きな看板は道路上で踊ってるわで

「なんじゃこりゃ。これでも走らなあかんのかい!」

不安と憤りが頭いっぱい

「もう駄目だ、明日、辞めよう」

と気持ちは退職へと・・・・

タクシー運転手を退職しようと考えていた時に「天の声が鳴り渡る」

その時、スマホ画面に本社からの一斉メールが表示されたのでした。

「全車営業を中止。安全に入庫してください」

「飛来物で損傷があれば修理しますので報告してください」

という内容で、安全の確保、事後対応が明確に指示という形で、天の声が響き渡りました。

すぐさま、入庫し、損傷を点検、報告をして帰宅させてもらいました。

「まあ、ドライバーの安全は考えてくれてるんやな」

「辞めるの待とうかな」

と、風呂につかりながら考えることしばし・・・

退職せずに良かった!未来都で良かった!

「しばらくは傷だらけの車に乗るんやな~。みっともないな~」

と思って連休明けの出社。

「あっ!傷がない!なおってる!」

驚いたのなんの!?

ディーラーや町工場なら最低1週間はかかる修理も未来都なら1~2日で完了

すぐに営業できるんです!走れるんです!稼げるんです!

未来都には、鈑金工場と整備工場が自社内に設置されていて、鈑金修理、整備が素早く行われています。

未来都では傷だらけの車で営業することはありません。

ドライバーさんは常に綺麗な車で営業できます。

「未来都でよかった!」

私の正直な気持ちです。