タクシー運転手あるある!? by未来都タクシー

タクシー運転手の「今なの~⤵」あるある3選

タクシー運転手の営業は、日々の情報収集などの努力によって売上げを上げることが

可能ですが、時には運も必要になってきます。

タイミング良くお客様が乗車いただくと気持ち良いですが、その逆もしかり、、、

お客様が乗車のタイミングが、「今なの~⤵」というあるあるを紹介します。

 

➀流しで走っていて、時には長時間もお客様が乗車されない時もあります。

そして久しぶりにお客様が乗車された時から、なぜか次々とお客様の手が上がる。。。

 

②お客様が降車された後に、トイレ休憩を考えている時に、降車場所にお客様が待たれている。。。

変な挨拶になっちゃいますよね 笑

 

③会社に帰庫しようと思っていて、あとワンメーター乗せることができたらなと思っているときに

手が上がったが、会社と逆方向に行きがち!ロングになりがち!

ありがたいですが、人生って自分の思い通りにはならないなぁ~としみじみ感じます。

タクシー運転手の最も緊張する瞬間あるある

「運転手さん大至急でお願いします!」

「一番早い方法でお願いします!」

この言葉が乗務員にとって、一番緊張が高まる瞬間です。

ゆったり営業していたら、いきなり緊急モードに、、、

急いでいるお客様が多いのはタクシーのあるあるですが、

あまり慣れるものではありませんね。

どんなに急がれていても、お客様に確認や提案は必要です。

「ご指定のルートはございますか?」「このルートは如何ですか?」

そんなやりとりをして、ルートがお客様と一致したら一安心。

どんなに急がれていても、違反は出来ませんので、抜け道など使い、

出来る限り早く到着することを心がけます。

無事到着した時の「運転手さんありがとう!」一言は、

緊張の瞬間から幸福の瞬間に変わる時でもあります。

タクシー運転手の快感の瞬間あるある

お客様の中には、道に詳しい方も多いです。

そんなお客様との会話の中で「毎回この道は混んでいるよね」と言われたので、

「少し遠回りになりますが、早く到着できる経路がありますが、どうされますか?」と伝えると、

「通ったことはないけど、一度その経路で行ってみよう」と提案を受け入れてくれ、

結果、早く着き、更に料金も安いと、お客様に喜んでもらえます。

これはタクシー運転手としては快感の時ですね!

 

タクシー運転手は、地理や最新の道の状況を知ることは仕事でもありますが、

実は、道を覚えること自体が面白いことでもあります。

タクシー運転手は、いつの間にか地理オタクになってますね

そのため、タクシー会社で「ここまでどうやって行くの?」と質問すると、

みんな必死に教えてくれますよ 笑

 

【説明会・面接】の申し込みはこちらから

https://saiyo.milight-taxi.co.jp/recruit/#flow