優良タクシー会社の選び方 おすすめ比較ポイント

タクシードライバーの仕事がおすすめって本当?

タクシードライバーという職業に対するイメージはどんなものですか?
中高年が多そう?勤務時間が長そう?稼げるイメージはある、でも不安定そう?
実は、タクシードライバーの仕事にはおすすめ出来るだけの理由があります!

この記事では、そんなタクシードライバーがおすすめの理由とタクシードライバーとして働くための基礎知識タクシー会社を選ぶポイントが学べます。

これからタクシー業界で働くことを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

タクシー乗務員になるには? 必要な資格やスキルなど

まず、タクシー業界で働くには、どんな資格や経歴が必要なのでしょうか。必要な資格はありますが、実は、そこまで難しいものはありません。

 

必要な資格は2つのみ

① 普通自動車第二種免許

試験自体は、特段難しいものではありませんが、一点注意があります。それは「第一種普通免許の取得から三年が経過していること」が受験の条件となっていることです。
費用は約20万円ほど必要となりますが、多くのタクシー会社では費用負担が受けられるので心配はありません。

 

② 地理試験

地理試験は全40問のペーパーテストで、主要な道路や交差点、橋、有名な建造物やランドマーク、公園、名所、旧跡などの場所に関する問題が出題されます。
少し難しそうに感じるかもしれませんが、試験前には4日間の講義が受けられるので、約90%の方が合格します。

 

活かせるスキル・経験

必要な資格は以上です。なくても問題ありませんが、あると有利な経験やスキルも合わせてご紹介します。

 

① 接客スキル

接客業でのアルバイト経験など、最低限のコミュニケーションやマナーがあれば全く問題ありませんが、お客様の中にはお話好きの方も多くいますので、聞き上手・話上手な人はタクシードライバー向きです。

 

② 若さ

タクシードライバーは、定年後の准高齢者から大学卒業したての新卒の方まで幅広く活躍しています。どんな年齢でも問題ありませんが、ここだけの話、20代のドライバーや女性ドライバーはお客様が優しく接していただけることも多いです。

 

③ 土地勘

これは不安な方も多いと思いますが、未来都でも全車両にカーナビを完備しているので必須のスキルではありません。タクシー利用の多いお客様には、”決まった道”があることもあるので、経験を積みながら選択肢を増やしていくことが重要です。

タクシー乗務員の働き方は?勤務時間や待遇について

次は、タクシードライバーの仕事内容についてご紹介します。

 

勤務形態は大きく分けると3パターン

勤務時間には、大きく分けると3つの形態があり、タクシー会社によっては夜日勤がなかったり、隔日勤務だけの場合もあります。

 

昼日勤

勤務時間としては7時~16時などが多く、休憩を1時間程を含む勤務となります。一般的なサラリーマンと同じ時間帯で働くイメージです。休日は1ヶ月で6日ほど。
お客様は商談に向かうビジネスパーソンや、通院する高齢者がメインとなります。

 

夜日勤

だいたい18時~夜中の3時ごろの勤務で、終電を逃した方や、都市圏から地方に移動する人がターゲットとなります。
深夜料金の割り増しや、移動距離も長くなるので顧客単価が高くなる傾向があります。稼ぎたい人向けの勤務形態です。休みは昼日勤と同じく1ヶ月6日ほどとなります。

 

隔日勤務

朝から夜中の3時ごろまでとなり実働は約15時間、休憩3時間を含みます。勤務日の翌日は翌日の乗務の為の「明け休み」となり、1ヶ月の勤務日数は12日~最大13日勤務となります。

タクシードライバーって、実際、どれくらい稼げるの?

給与は固定給や完全歩合など会社ごとに異なる

給与の仕組みについてご説明します。どの会社でも以下の3パターンをベースに、会社ごとに細かな違いがあります。

 

・A型賃金:固定給+歩合給+賞与
安定した給与タイプで一般企業のサラリーマンに近い給与形態ですが、首都圏のタクシー会社では少ない形態です。

 

・B型賃金:売上×歩合率
完全歩合制で頑張りが給料に直結する働き方です。歩合率は50~60%の会社が多い傾向です。

 

・AB型賃金:固定給+歩合給+賞与
未来都で採用しているのはこの給与タイプです。

売り上げの一部を貯蓄して年に2〜3回、賞与として支払う形態です。売り上げが乏しい月でもある程度安定することと、同じ年収の場合でも、B型賃金より社会保険料が安くなる場合があることが特徴です。

 

タクシー会社ごとに給与から天引きされる項目がある

給与形態とは別に、タクシー会社によって異なる給与から天引きされる項目があります。
例えば、事故を起こした際の自己負担やクレジットカードの利用手数料等が給与から天引きされる会社もあります。未来都ではこういった従業員負担を撤廃し乗務員をサポートしております。

 

平均年収は意外と高い?

タクシードライバーには年収が低いイメージがあるかもしれませんが、実は、業界ならではの事情があります。この業界には、再雇用で年金を受給しながら働く人も多く、稼ぎすぎないよう調整しながら勤務している人も含めた平均年収になっています。

 

他の業種と比べた平均年収は?

タクシー業界全体の平均年収は360万円と言われています。これは先ほど説明した年金受給者も含めた金額です。全産業の平均年収は420万円と言われているので、その差は明らかです。

 

未来都ドライバーの平均年収は?

未来都の場合、ドライバーの平均年収は456万円で他の業種並み以上の水準です。
また、トップ年収のドライバーを見ると780万円ですので「タクシーは稼げる」という噂は本当です。業界未経験からの1年目で650万円を稼ぐドライバーもいますので、ここまで経歴問わず平等にチャンスのある職業も珍しいのではないでしょうか。

2022年5月には、月売上120万円を達成したドライバーが出ました。歩合率は60%ですので、月72万円の給与となります。

タクシードライバーとして働くメリットとデメリット

タクシー業界について、働き方・給与について、おおまかに全体像をご説明いたしましたが、その他のメリット・デメリットも見ていきましょう。

 

メリット

・自由な時間がつくりやすい
タクシー会社によってはシフト制で、かつ勤務時間も調整できます。長期休暇も比較的とりやすい業界です。

 

・未経験でもOK
1年目から600万円以上の年収を稼げるように、どんな人にもチャンスがあります。

 

・長く働ける
年齢・性別・学歴・経歴、問わず働けるので自分の希望する働き方が実現できます。

 

・頑張り次第で稼げる
歩合制度が導入されている場合、売上が月々の給料に反映されます。また、高齢化社会にも適応したサービス内容で、観光タクシーやお買い物代行といったサービスタクシーの普及も進んでいます。

 

・色んなお客様とつながりが持てる
毎回違うお客様を乗せるので、接客を楽しむことができる人にとっては天職です。また、道を間違える等の失敗をしてしまっても、次に気持ちを切り変えやすいこともメリットです。

 

・人間関係のストレスが少ない
正直、前職での人間関係の問題がきっかけでこの業界に飛び込んでくる人も少なくありません。その点、タクシードライバーは自分の責任でバリバリ働くことができ、時間の融通もつきやすいので、活き活きと働く人が多いです。

 

・その土地に詳しくなれる
お客様の要望に合わせ様々な場所にお送りします。自分の趣味趣向では決してたどり着かない場所に行くことができます。未来都でも地方出身のドライバーも多く活躍しています。

 

・誰にでもチャンスがある
年齢や性別はもちろん、簡単な試験さえクリアできればどんな人でも活躍できます。しかも、一人前になるまでの期間もとてもっ短いです。

 

デメリット

・地理が不安
未経験から挑戦するドライバーも多いので、皆さん最初の内は地理に詳しくありません。経験でカバーすることができます。

 

・運転に不慣れだと大変
地域によっては交通状況も変わりますし、お客様と話ながらの運転も必要となります。少しずつ、慣れていくことが必要です。

 

・様々なお客様がいる
接客業ですので、様々なお客様の対応をします。全てではありませんが、場合によっては酔っぱらったお客様の対応も必要となります。

 

・売上が下がれば給料も下がる
他の業種でも同じことが言えますが、何かの理由で乗務ができなくなってしまった。感染症等で需要が減ってしまったなどがあると、給料に直接影響します。

 

・体力面でつらい
生活リズムが変則的な夜日勤や隔日勤務の場合、体力的に辛い面もあります。

優良タクシー会社を選ぶ際のポイント

これまでの内容を踏まえ、チェックポイントを整理してまいりましょう。

 
・給与形態の条件が良いか
(歩合制の場合)歩合率の高い会社であること、従業員負担金の少ない会社であることがあげられます。従業員負担金には、事故負担、クレジットカードの手数料、違反金の立て替え 等を確認しましょう。

 
・入社後のフォローが充実しているか
二種免許の取得支援制度やマナー研修、先輩ドライバーの助手席に横乗りする同乗研修等、特に業界未経験の方は確認しましょう。

 
・勤務形態に選択肢があるか
未来都では、介護や子育てとの両立されているドライバーも多く在籍しております。
そのあたりも勤務形態を細かく希望できる会社をおすすめします。

 

・ライフスタイルやライフステージに合わせて活躍できるか
若手もベテランも働く会社や、ドライバー以外の内勤等のキャリアパスが充実しているかも確認しましょう。今はドライバーの働き方があっていると思っていても、人生には様々なライフステージがあります。

 
・大手であるか
お客様がタクシー会社を選ぶ際には、知名度で選んでもらえることも多いです。また、大手会社の方が色んな従業員に合わせた制度が整っているケースもあります。

 
・働くドライバーの質が良い
タクシードライバー間のコミュニケーションは乗務中は少ないですが、事業所での情報共有は活発に行っています。また、お客様がドライバー個人にリピーターがつくことは稀ですが、良い接客を行うとタクシー会社につくことが多いです。実際、未来都ではタクシー会社を選択できる配車アプリから未来都を指名して予約いただくケースがよくありますので、乗務員の質は自身の売上にも影響します。

 
・車両設備が充実していること
ドライブレコーダーやカーナビ等、会社がサポートしてくれる設備を確認しましょう。

 
・離職率が低い
公式HPなどでは、公表していない場合が多いのが離職率。これは面談の際に直接聞いてみるのが良いでしょう。また、他のタクシー会社からの転籍者が多いかなども比較対象になるかもしれません。

もっと知りたいこと、不安なことがあればぜひご相談ください。

未来都ではお気軽に相談いただけるように、対面での面談はもちろん、電話やオンラインでご相談いただける場所をご用意しております。

 

【説明会・面接・電話相談】の申し込みはこちらから